出不精日記

sacchyant.exblog.jp
ブログトップ

村上かるた うさぎおいしーフランス人 村上春樹作

 本の題にあるとおり「あ~わ」までの村上春樹さま作のカルタの本です。実にしょうもないカルタに駄洒落満載の短いお話がついて、しかも二通りあります。

 春樹さまが前書きでも書いているように、この方は小説を書く合間にこういう「脳減る賞」ものの話を書いて精神のバランスをとっているのでしょう。



「アリの世界は何でもありだ」とか「無形文化財は透明人間」とか、普通のオジサンが言えば寒がられるだけでしょうが、私は好きです~



 そのほかには「死んでもシンドバッド」「長いお別れ、終わらないあいさつ」とか「ニラレバの世界にタラレバはない」「はと麦畑でつかまるのはクワガタくらい」



 動物編では「堕落したラクダは気楽だ」「とんびにたかられて、かえるはたまらない」とか「ほんとに、豹柄でいいんですね」「よこしまなシマウマとは珍しいですね」

 きりがありません。全部書いてしまいそうなのでこの辺で止めておきます。



 カルタに絵はつき物ですが、安西水丸さんの絵も面白いです。

 とくに「やんちゃな祖母は、おさげにしている」のハイジおばあさんが、私の身内にそっくりで(もしかして性格も)うちわ受けしてしまいました。



村上かるた うさぎおいしーフランス人 村上春樹作・安西水丸絵 文藝春秋社

# by sacchyant | 2007-05-18 22:40 | 村上春樹さまの本 | Comments(0)

自衛隊とお寺の町 善通寺市

 香川県善通寺市の街を車で走っていると目を引くのがこのレンガ作りの建物。陸上自衛隊の駐屯地内にあります。

 戦前からある建物で倉庫として使われているみたいです。第14旅団のHPを見ましたが、詳細は分かりません。

 

http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/14b/index.html



 ここのHPにもありますが、明治時代にできたときの初代師団長は乃木希典将軍でした。

 奥さんが(一緒に殉死されたなぁ)、相談事があって新幹線も飛行機も無い時代にわざわざ東京から来たのに、会わずに返したという話が残っています。

 近くの金倉寺(四国霊場八十八カ所 第七十六番札所)というお寺に、乃木将軍妻返しの松というのがあります。

 

 駐屯地内に乃木館という資料館があり、日露戦争時の資料などもあるようです。5月27日に駐屯地が一般開放されるので見られます。(わたしは他に用があって行けんけど)

 仔細は上記のHPへどうぞ。



 乃木将軍といえば、善通寺市には香川県の護国神社がありますが、そのとなりに乃木神社があります。あまり人の来ないひっそりとした神社です。



b0301550_166917.jpg


 2月に写したので広葉樹の葉が落ちています。



b0301550_166922.jpg


 別の建物。



b0301550_166981.jpg


 お寺と自衛隊の町(大学もあるけど)善通寺市を象徴するような風景です。

 中央に見えているのは、四国霊場八十八カ所 第七十五札所総本山善通寺の五重塔です。



 ところで香川県でも数年前から合併の嵐が吹き荒れましたが、善通寺市は独立を保った?数少ない市町のひとつです。

 弘法大師が生まれたとされる(香川県にはもうひとつ弘法大師が生まれたと主張する寺があるけんど)総本山善通寺にちなむ市名を、合併したために変えることになるよりいいと考えたのでしょうか。



 善通寺市の隣にある琴平町(金毘羅さんとこんぴら歌舞伎の金丸座があるとこ)も、合併協議会に入っていたものの離脱しました。こちらも下手な合併をするより、今のままの全国的に知られた観光地としての町を守ったほうが良いということでしょう。

# by sacchyant | 2007-05-13 01:20 | 香川県(讃岐) | Comments(0)

「セロリのカレー」がイザペーパーに載りました

 いつものように新聞を最後のテレビ欄から読み始め(子供のころ新聞はテレビ欄を読むことからはじめ、だんだん前を読むようになったからか?)、イザペーパーまできたら



「ん?セロリのカレー。わたしじゃん!



 今年の元旦にお屠蘇に酔った勢いではじめた「出不精日記」

 いつか載せてもらえたら良いなと思っていましたがうれしいです。

 イザペーパーには材料しか載っていなかったので、作り方を知りたい方はこちらへどうぞ。おいしいですよ。



http://sacchyan.iza.ne.jp/blog/entry/159024/





 エントリにも書いていますが、作っている時に換気扇を廻すのを絶対に忘れないで下さいね。













 今日も暑かったですね。

 麦が実っています。

 最近麦畑が増えているような気がします。でも私が子供のころはもっと麦畑が多かったと思います。



 さぬきうどんの小麦はほとんどがオーストラリア産ですが、「さぬきの夢2000」という品種を作って県産小麦もふえつつあります。

(このうどんがまたおいしいんで~)



 あ、でもこのあたりの麦はうどんではなく、押し麦にするとか聞いたような。



b0301550_166969.jpg




b0301550_166974.jpg



# by sacchyant | 2007-05-09 23:05 | 日記 | Comments(0)

IHクッキングマスターレシピ 脇雅世著 目からうろこが落ちました!

 コンロをIHにしてから7年になるのかなぁ。

 あのころはまだガスコンロの4倍のお値段でしたが(今はもっと安なっとると思うけど)、火事の心配はないし、プロパンガスだと取替えに来てもらわないといけないし、何より掃除が簡単なので思い切ってIHにしました。

 毎日使うものだから掃除が簡単なのが一番!と掃除嫌いは思ったわけです。



 使ってみると、火が出ないから夏は暑さが違うし、筍を茹でるときは時間がかかるので弱にしてタイマーをかけ換気扇をつけて、そのまま他の用事をしていて忘れてしまっても大丈夫。

 火力が弱そうだとよく言われるのですが、ガスよりお湯が沸くのは早いです。2・3人分のお茶を入れるくらいならすぐ沸くので、電気ポットは使いません。

(電気会社の回し者とちゃうで)



 一番の違いは揚げ物をするとき、火が出ないので天ぷらなべの下に新聞を敷いて油汚れを防げます。



こんな風に

b0301550_166987.jpg


(フライパンが切れとるのは、周囲がお見せできん状態になっとるもんで)



今日は高橋裕子隊長のブログ「揚げ物探検隊」で紹介されていたレシピで、鳥の手羽先と新じゃがの煮物を作ってみました。煮る前に揚げているところです。



 でも、IHはカレーがみずぽっくなりがちだし、餃子がうまく焼けない。焦げ付くか良い焼き色ができないかのどちらかです。(フライパンが薄いのかも分からん。でも鉄だから分厚いと重い)



 そこで見つけたのがこの本です。



IHクッキングマスターレシピ 脇雅世著・講談社



 目からうろこが落ちました!

 揚げ物をするときに新聞をしくのはやっていたのですが、掻き揚げのときに種をクッキングシートの上に載せて一緒に油に入れるとか、魚を焼くときにフライパンにクッキングシートを敷いて焼くとか。



 IHは煮ているときの水分の蒸発が少ないのでカレーなどは少なめに水を入れ、出汁をとるときは早く沸くので弱火でゆっくり取ります。

 餃子も少しうまく焼けるようになりました



 IHだけでなく、電気温水器とクーラーも使っているので、一応電化住宅ということになるのかな。

 でも冬は暖かくて煮込み料理ができる石油ストーブも使うし、鍋物と緊急時用にカセットコンロもあります。




# by sacchyant | 2007-05-05 21:35 | 本のかんそーぶん | Comments(2)

護衛艦の体験航海に行ってきました!その③

 5月3日・4日に、香川県丸亀市であった「丸亀お城祭り」の協賛イベント護衛艦「まつゆき」の体験航海に行ってきたました。「護衛艦の体験航海に行ってきました!その②」続きです。



 こどもの日が近いということでか鯉のぼりがあげられていました。見えにくいですが緋鯉の下にも青い鯉がいます。



b0301550_166820.jpg




 ヘリの格納庫の前で催しが始まりました。

 司会役はこの方。「まつゆき」の真田先任伍長と自己紹介。

(映画「亡国のイージス」と福井晴敏氏の原作を参照してな)

 お話によるとこの日(3日)の乗客?は690人余りで、たくさん来てくれたと喜んでおられました。



 わたしに乗艦券を手配してをくれた人は(丸亀募集事務所で並んだ方、すんません)、3日も多いけど4日のほうがたくさん希望者がいて手に入りにくいと恩着せがましく言っていました。



b0301550_166877.jpg




 若い曹士(たぶん)のみなさんによる起床ラッパとか手旗信号の実演がありました。

 手旗信号といえば「亡国のイージス」で先任伍長が……、この先は書かないほうがいいのかな。





 丸亀港に近付いたというアナウンスがあったので、着岸作業を見ようとちょっと怖い狭くて急な階段を下りました。

 作業中なので船首には行けませんが、よく見える場所を確保。







b0301550_166896.jpg


 74式アスロック(とパンフレットに書いています)

 でか!







b0301550_166831.jpg


 着岸準備中



 さて岸壁について下船のために並んでいたのですが、少しづつしか動かないので690人あまりの乗客がいるという話に改めて納得。知人一家も来ていたはずですが、とうとう会えずじまいでした。



 乗員の方々が桟橋の上下に並んで見送ってくださいましたが、声をかけていたるところにある突起物に注意を促したり、またずっと手を置いて頭がぶつかるのを防いでいてくれたりしていました。

 乗組員の皆様、世間はゴールデンウィークだというのにお疲れ様でした。

 ゴールデンウィークどころか盆も正月も無いんでしょうが、これからも日本のためにがんばってください。





 5月26日(土)と27日(日)に、今度はサンポート高松で掃海艇の一般公開と体験航海(27日のみ。往復はがきで申し込み)があります。

 くわしくは自衛隊香川地方協力本部のイベントページをどうぞ。










# by sacchyant | 2007-05-05 00:10 | 日記 | Comments(0)