出不精日記

sacchyant.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:四国( 20 )

四国遍路

四国新聞から引用

四国遍路の休憩所に「『大切な遍路道』を朝鮮人の手から守りましょう」と印字した紙が相次いで貼られた問題で、新たに観音寺市、愛媛県四国中央市、徳島県内の各休憩所からも同様の紙が見つかったことが10日、分かった。これまでに確認された休憩所は香川、徳島、愛媛3県の計12カ所に上る。人権侵害の恐れがあるとして、香川県や徳島県が調査に乗り出したほか、両県警は軽犯罪法違反容疑で捜査を始めた。

 香川県内では、香川県観音寺市植田町の休憩所「銭形第30号棟」で新たに見つかった。縦約13センチ、横約18センチで、小屋の中心の柱にのりづけされていたという。世話人の男性(70)が確認し、同日午後に撤去した。

 紙には、香川県高松市一宮町で3月末に見つかったものと同じ「日本の遍路道を守ろう会」の名で、「最近、礼儀しらずな朝鮮人達が、気持ち悪いシールを、四国中に貼り回っています。『日本の遍路道』を守る為、見つけ次第、はがしましょう」と印字されていた。


yahooニュースにもあります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140410-00000007-jct-soci

きょうも東讃あたりで貼られているのが見つかったらしいです。
「人権侵害」でもあるでしょうけど、特定の人々を締め出そうという考えは、四国遍路とは相いれないと思います。
地元では「お四国さん」ということが多いですが、昔からだれでも受け入れてきましたからね。
張り紙の内容は、少し前の浦和レッズの「JAPANESE onry」の横断幕を思い出しますが、どちらも幼稚で偏狭な考え方で、むしろ慰安婦の像をあちこちで建てようと運動している人たちと同じレベルの程度だなと思います。

わたしは四国霊場八十八ヶ所を歩いたことはありませんが、七十一番の弥谷寺から七十七番の道隆寺まで歩いたことがあります。
歩き遍路が道に迷いそうなところに、先に歩いた人が道しるべのシールを張っていますが、外国の人が貼るのが問題とは思いません。
電柱やガードれるなどの公共のものに道しるべのシールを張るのがいけないのなら、日本人が貼ったシールもだめということになるなぁ。

改めて「四国遍路」とは何かと考えてみると、基本は弘法大師と同行二人で八十八ヶ所の霊場をお参りして回る。地元のものは自分にできることで、お遍路さんをお接待したり、助けたりするという単純なことだと思います。

うちは浄土真宗なので、真言宗がどういうものかよくわからないけど、弘法大師は師の恵果から中国人の弟子たちを差し置いて後継者にされたので、国の違いを言う宗派じゃないことは確かですね。

b0301550_23260822.jpg
去年の写真ですが、弘法大師の実家があった総本山善通寺の涅槃桜です。

追記
四国新聞のサイトから、崔さんのステッカー
b0301550_18244507.jpg
きょうの四国新聞の記事によると、やっぱり電柱やガードレールに張ったりするのは、県の条例に違反するらしいです。
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/20140412000137

でも歩いて回る人は多いし、道を間違えると車と違って引き返すのも大変だから、道しるべは必要だと思いますけどね。
よく木で作っている道しるべもありますが、土地の持ち主の許可があればいいのかな。


[PR]
by sacchyant | 2014-04-11 23:29 | 四国 | Comments(4)

四国

猛暑の間、休日のお昼はそうめん(もちろん小豆島の島の光)でしたが、ちょっと涼しくなったので、きょうはおうどんにしました。


トッピングは、知り合いからもらったかまぼこです。


 


b0301550_2351786.jpg


わかめで瀬戸内海の島々を表現してみました(笑)


 


[PR]
by sacchyant | 2013-09-08 23:37 | 四国 | Comments(15)

リョーマの休日

b0301550_1953029.jpg


某所で見つけて思わず携帯で撮りました。


高知県もいろいろ考えますねぇ。


龍馬博に変わる観光キャンペーンらしいです(^_^)


http://www.attaka.or.jp/ryoma-holiday/


 


[PR]
by sacchyant | 2012-04-13 22:06 | 四国 | Comments(19)

奥祖谷にいってきました その⑦

「奥祖谷にいってきました その⑦」の続きです。


名頃地区のじっさま・ばっさまにご挨拶したあとは、友達が来た道を帰るより剣山を回ったほうが近いというので、剣山に向かいました。


 


また山道を走り、剣山の登山口がある見ノ越に到着。


見ノ越には、宮尾登美子さんの小説「天涯の花」の舞台になった剣神社があります。


 


b0301550_2254939.jpg


 


登山口は剣神社の中にあります。


 


石段のふもとに「天涯の花」が!


b0301550_2254969.jpg


小説に出てくるキレンゲショウマです。


5年ほど前にこの花が見たくて剣山に登りました。


 


が、麓にあるなんてぇ^_^;


見ノ越のおみやげ物屋さんが植えたようです。


苗も売っていて、友達は買いましたが、わたしは剣山にあってこその「天涯の花」だと思うし、高山植物を平野で育てるのは無理だと思うので買いませんでした。


友達のキレンゲショウマは、先月末に風前の灯だとメールが来ましたが、その後は?


 


b0301550_2254986.jpg


宮尾登美子さんの文学碑です。


 


最初、正面に立って写していたのですが、友達が「わたしたち映ってる!」と飛びのいたので、横から手だけ出して写しました。


わたしの手だけ写ってます^_^;


 


また花の季節に剣山に登りたいなぁ。


 


日が暮れないうち帰ろうと、剣山を後にしました。


 


おしまい。


 


 


 


[PR]
by sacchyant | 2011-09-12 23:32 | 四国 | Comments(10)

奥祖谷にいってきました その⑥

「奥祖谷に行ってきました その⑤」名頃地区の続きです。


 


こんにちは。


ええ日和ですね。


b0301550_2254889.jpg


でも、日向ぼっこにはちょっと暑くないですか?


 


こっちでは子供たちがお昼寝。


b0301550_2254851.jpg


電柱に登っている子もいますね。


 


 


今日は何の集まりですか?


b0301550_2254871.jpg


 


 


こっちにも人が大勢。


b0301550_2254844.jpg


 


 


こんにちはー。


b0301550_2254843.jpg


 


 


え、中に入ってもいいんですか?


b0301550_2254882.jpg


正装されて今日は何があるんでしょう。


 


 


b0301550_2254827.jpg


家の中では結婚式の最中でした。


 


 


作者はこの方。綾野月美さんです。


b0301550_2254850.jpg


 


 


表で写真を撮っていると、おばあさんが出てこられて中に入って見てといわれたので、遠慮なくはいらさせていただきました。


綾野さんは、はじめは小さい人形を作られていて、鳥追いのために人にそっくりな案山子を作られたのが始まりで、名頃地区はすっかり案山子の里になっています。


いまでは使ってと、衣装を持ってきてくれるそうです。


 


たまさんがおっしゃるように人より案山子が多いかどうかは分かりませんが、わたしがこの日見かけたのはたしかに案山子のほうが多かったです(笑)


上から5枚目で左から五人目に写っている案山子が持っているのは、案山子の台帳で今まで作られた案山子が登録されています。


でも中までは見てないんですけどね。


 


「奥祖谷にいってきました その①」のおそばを作っているおばあさん達も、綾野さんの作です。


 


b0301550_2254834.jpg


 


まだ続きます。


 


[PR]
by sacchyant | 2011-09-07 23:18 | 四国 | Comments(6)

奥祖谷にいってきました その⑤

「奥祖谷にいってきました その④」の続きです。


奥祖谷しりーず、まだ続いております。


 


観光周遊モノレールを堪能したあとは、また車で祖谷川に沿った道を走ります。


途中まで走った国道32号線もそうですけど、この道も山の中の道なのであまり道幅は広くありません。


32号線は国道とも思えない道ですがそれはおいといて、32号線もこの川沿いの道も土砂崩れがあったのを直したばかりという所が何ヵ所かありました。


こんどの台風12号でかなり雨が降ったと思いますが、大丈夫かな。


 


さてモノレールで爆睡して睡眠不足を解消した友達は、ばんばんとばします。


対向車とすれ違えないところでは、バックしたり路肩に寄せたり、「大丈夫かなー」と一抹の不安を感じつつ、「ま、ワタシが運転するより大丈夫だろう」と思い命を預けていました。


 


さて次の目的地はもうそろそろだと思うけど。


 


このお兄さんも、道が分からないのかな?


b0301550_2254726.jpg


 


あのおばさんたちに聞いてみようか。


b0301550_2254715.jpg


「すいません。ここはどこらへんですか?」


「……」


「えー、耳が遠くて聞こえない?あっちで聞いてって。どーも(^^ゞ」


 


ふんふん、たくさん人がいるな。バス停なのか。


b0301550_2254739.jpg


「すいませーん。ここは名頃地区ですか?」


 


b0301550_225479.jpg


「ここがそうですか。ありがとうございます」


 


続く。


 


[PR]
by sacchyant | 2011-09-04 14:36 | 四国 | Comments(8)

奥祖谷にいってきました 番外

うーたんさんとゆーぱぱさんから「車体の写真はありません?」とのお尋ねがありましたが、「ありません(キッパリ)」


すいません(^^ゞ


 


相手もこちらも動いているもので、なかなかいいタイミングでの写真はないです。


駅舎は人で一杯だったしぃ~。


 


お詫びにゆーちゅーぶで奥祖谷観光周遊モノレールの動画を見つけましたので、貼り付けます。


乗り物酔いしやすい人はご注意ください。


 






 


 


 


[PR]
by sacchyant | 2011-08-28 00:42 | 四国 | Comments(0)

奥祖谷にいってきました その④

「奥祖谷にいってきました その③」の続きです。


 


まだ奥祖谷観光周遊モノレールに乗っています(^_^)


なにしろ一周65分かかります。


 


1380メートルの最頂地点に来ました。


「起きて!起きて!」


と、友達を起こしながら写真を撮りました。


 


b0301550_2254458.jpg


木が切り払われて山が見えます。


これは塔丸という山なんじゃないかと思うのですが。


 


b0301550_2254489.jpg


雲に山頂がかくれているのが剣山で、手前が次郎笈(じろうぎゅう)かな。


 


止まりたくても止まれない。


3枚しか写真を撮る時間がありませんでした。


 


風景は再び森の中。


友達は再び爆睡。


 


b0301550_2254477.jpg


光ってよく見えませんが、森の中のせせらぎ。


 


b0301550_2254445.jpg


対向車? 


 


 


b0301550_2254461.jpg


登りのときにもチラッと写っていましたが、左手に天空の里。


でも「重要伝統的建造物群保存地区 落合地区」はこの山のむこうあたりかなと思います。


 


 


b0301550_2254457.jpg


こちらは正面。


 


でもこういう風に風景が開けている場所は少なくて、ほとんど森林の中。


やっぱり自分で山の中を歩きたいなと思いつつ、ちょっと飽きてきました(^^ゞ


 


b0301550_2254487.jpg


ひゃっほー\(^o^)/


最後にちょっとスリルを味わって到着。


涼しくて気持ちよかったです。


でも紫外線は強かったぁ。


翌日は美白クリームを買いに走りました^_^;


 


まだ続きます。


 


 


[PR]
by sacchyant | 2011-08-26 22:56 | 四国 | Comments(8)

奥祖谷にいってきました その③

「奥祖谷にいってきました その②」の続きです。


いまごろですが、祖谷は「いや」と読みます。


 


さていよいよ「奥祖谷観光周遊モノレール」乗ります。


このモノレールは、パンフレットによりますと「世界最長4,600メートル 高低差も世界一590メートル 最大傾斜度40° 最頂標高1,380メートル」だそうで、一周約65分かかり途中下車はできません。


 


b0301550_225433.jpg


この二人乗りのカブトムシに乗って周遊します。


 


b0301550_2254383.jpg


出発していきなりこんな傾斜が!


でもあまりスピードは出ないので大丈夫です。


 


b0301550_2254352.jpg


花は終っているようですが、「タケニグサ群生」と書いてあります。


木や花にときどき名札がついているので、調べる手間が省けます♪


名札を見ていると何種類かの山桜があるみたいで、春はきれいでしょうね。


 


b0301550_2254361.jpg


ときどき山が見えたり、


 


b0301550_2254319.jpg


こーんな岩があったりしますが、


 


ほとんどは、


b0301550_2254350.jpg


森林です。


森林浴を楽しんでリラーックス。


後部座席の友達は2度目と言うこともあってか、ごとごとというモノレールの音を子守唄に爆睡して日ごろの睡眠不足を解消したようです。


 


b0301550_225433.jpg


「マメシジミの生息地」


マメシジミってなに?


と、検索してみると「白く透きとおった貝で生米を半分にしたくらいの大きさ。森の中の細川や沼に生息」しているそうです。


http://www10.ocn.ne.jp/~shari88/riverpage/mame.html


 


写真では水があるように見えませんが^_^;


乗り物に乗って写真を撮っているので、三分の一はぶれぶれ写真。


ちゃんとピントが合っていれば水が写っているのかも?


 


b0301550_2254362.jpg


100メートル登ると1℃気温が下がるのでしたっけ?


Tシャツの上から長袖のパーカーを着ていましたが、だいぶ涼しくなってちょうどいいくらいでした。


 


もう少しで頂上です。


続きます。


 


[PR]
by sacchyant | 2011-08-23 23:48 | 四国 | Comments(4)

奥祖谷にいってきました その②

「奥祖谷にいってきました その①」の続きです。


 


奥祖谷にはまだアジサイが咲いていました。


 


b0301550_225413.jpg


祖谷そばを食べた「いやしの温泉郷 ホテル三嶺」の駐車場から。


標高は800メートルくらいかな。地上よりは少し涼しかったです。


 


茅葺きの屋根が見えます。


ここには「観光周遊モノレール」があるんですが、乗りに行ったら待ち時間が30分くらいあったのでそのあいだに見に行きました。


 


「ひとんちでないん!」という友人の言葉を背にどんどん近付く私。


 


b0301550_2254175.jpg


 


人は住んでいませんでした。


国指定の重要文化財でした。


b0301550_2254291.jpg


 


 


b0301550_2254250.jpg


入り口の戸が開きスリッパまで並んでいて、「入ってもいいよ~」という雰囲気だったのですが、中からはキョーレツなカビの匂いが^_^;


外から写真を写すだけにしました。


 


b0301550_2254292.jpg


屋根の上に見えるのが説明版にある「とうら」でしょうか。


それとヒシャギ竹の壁ですね。


 


住宅の中です。


b0301550_2254228.jpg


 


 


b0301550_2254221.jpg


 


 


b0301550_2254227.jpg


 


 


「ホテル三嶺」からずっと登っていくと三嶺という山にいけるそうです。


ここにはコテージが何個かあって、このあたりの山の名前がついています。


 


b0301550_2254244.jpg


コテージも茅葺き住宅風です。


「矢筈山」と表札?があります。ほかには剣山とか次郎笈などのコテージがありました。


こういうところで1週間ほどのんびりしたいです。


 


続く。


 


 


[PR]
by sacchyant | 2011-08-18 23:51 | 四国 | Comments(6)